地下鉄・五輪支線が開業、乗車前にはボディ・チェック

オーダーの方にオリンピック応援団扇(限定)プレゼントミズノ ウエーブライダー11JAPAN(北京...
 28日中国新聞社電によると、北京市地下鉄の奥運支線(オリンピック)支線が同日、試験運行を始めた。現在のところ利用できるのは一部関係者だが、乗車に際してはボディ・チェックなど厳重な安全検査が実施されている。

関連写真:そのほかのバードネスト鳥の巣)の写真

 28日からの試験運行で利用が認められたのは、オリンピック関係者、ボランティア、メディア関係者など、メーン会場の国家体育場(鳥の巣/バード・ネスト)など、オリンピック関連施設が集中する奥林匹克中心区(オリンピック中心区)への立ち入り許可証を持つ人。

 オリンピック開催期間は、最寄りの施設での当日観戦券を持つ人は無料で乗車できるが、厳しい安全検査が実施されるのは同様だ。(編集担当:如月隼人)


厳選情報を入手したい場合はここでGET!
情報ASPのインフォトップ
【関連記事・情報】
北京オリンピックの会場周辺に軍用車両が続々―事件発生に対応 (2008/07/24)
ミサイルの前で世間話―オリンピック防衛、市民は違和感なし (2008/07/14)
武装警官が「頭上に碗」、直立不動を猛特訓―オリンピック準備 (2008/07/18)
2008年北京オリンピック特集
社会>スポーツ・イベント>スポーツ・オリンピック - サーチナトピックス
(引用 yahooニュース)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。